札幌の不動産情報・売買・投資・住宅のことなら株式会社ヴィルへ


こんな事でお困りの方はいませんか?

  • ●他社で新築を提案されているが、利回りが低すぎる。
  • ●新築を建てたいが、見積もりが高い。
  • ●住宅を探して物件をたくさん見ているが、古くて気に入らない。
  • ●中古物件を申し込んだが、ローンが通らない。
  • ●購入の際の自己資金を抑えたい。
  • ●土地を持っているが、なかなか売れない。
当社であればこう解決できる!!
他社との金額比較
質を変えずに金額を下げることが可能になります。よって、良質で安価な新築の御提案ができるのです。
※品確法によって新築の10年間は建設会社の瑕疵担保保証がついてきます。

【中古の物件でローンが通らない方、自己資金を抑えたい方には】

中古でローンが通らない方、自己資金を抑えたい方には新築物件をお勧め致します。

中古物件を申し込んでいるが、ローンが通らない。
もしくは減額になってしまう方はいませんか? 理由は以下の通りです。
  • ●物件が古すぎて借入年数が短い為収支が合わない。
  • ●担保力がない。
  • ●空室が目立つ。
  • ●補修箇所が多くなるのではないかと懸念される。 etc…
要するに銀行が「借したお金をこの物件では回収できない」と判断されているのです。
新築物件は評価が高い為、銀行融資を中古物件よりも引き出しやすくなります。
  • 中古物件の場合は、借出年数が 耐用年数−築年数となる為耐用年数22年の木造を例にすると、22年‐築10年を引いて12年の借出年数となります。
    新築物件の場合は、<木造で20〜25年・RC造が20〜30年>が金融機関のMAXの賃出年数なので借入期間を長くする事ができるのです。
    *但し、ご本人の年齢にもよります。
  • 銀行が貸出をする際の観点は、面積、土地、評価額を基準にする積算法と収入ー借入返済、維持費を算出した収益還元法です。
    新築物件は、u単価評価が一番高い物件である上、家賃設定も高くその反面収支面では、長く借入ができることで月々の返済額や、修繕等の維持費が少なくすむことで多額のキャッシュフローが見込めます。
    よって、積算法・収益還元法ともに新築の方が借入がしやすくなるのです。

新築イメージ

【新築は税金面や出口戦略も有利!?】

新築の場合、一見高額な金額+消費税がかかるという事で敬遠しがちですが、大きなメリットもあります。

  • 【メリット1】専有部分+共用部分が40uを超えるアパートは不動産取得税が1世帯で最大1,200万円の控除があります。
  • 【メリット2】メリット1の該当物件は固定資産税も最大3年間(鉄筋コンクリート造は5年)、半分になります。
  • 【メリット3】減価償却が経費で落とせます。
  • 【メリット4】補修費用がしばらくかかりません。
  • 【メリット5】瑕疵担保保証が10年間付きます。

新築を建てよう!!当社の考え方

【土地選別から完成までのフロー】
  • 【人口と世帯数、企業数、学校数を考慮の上、土地を選別する。
  • ニーズと空室率の最新設備を調査の上、プランする。
  • 施工会社と仕様、価格の交渉をする。
  • 事業計画の作成及びお客様への提示。
  • 金融機関との折衝売却確認申請。
  • 着工、家主様との仕様決め。
  • 工事及び入居者募集の開始。
  • 入居申し込み審査・賃貸借契約業務
  • 完成。引渡し。
  • 引渡から6ヶ月目からローン返済額に賃料収入が達していない場合は、賃料収入とローン返済額の差額を当社で保証致します。※一度ローン返済額に達した場合は、その後の保証は致しません。

写真

■〒001-0018 札幌市北区北18条西3丁目1-18

TEL 011-738-6677 FAX 011-738-6678
  • メールでのお問い合わせはコチラからどうぞ
  • 個人情報の取扱に関してはコチラ